【鳥取・鳥取市】味暦 あんべ 6000円の蟹取県究極のカニ丼、人生で一度は食べたいグルメ!

喫茶 孝二郎
皆さんこんにちは、
喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です

今回訪問したのは、
鳥取県鳥取市にある『味暦 あんべ』さん。

 

鳥取ではほとんど喫茶店、カフェ巡りをしていたんです。

帰る前の最後の食事は、
さすがに美味しい海鮮料理が食べたい。

学生時代の先輩に連絡し、
食事に誘いました。

「予定があってその日は食事に行けないが、
『味暦 あんべ』のカニ丼はぜひ食べて帰ってくれ。」

鳥取に住んでいた私も、
初めて聞いた名前でした。

「時間があったら行ってみよう。」
そう思い頭の片隅にカニ丼を置いていました。

行きたいお店を巡り終わり、
ちょうどバスの時間まで2時間残し、
鳥取市に到着。

「教えてもらったお店に行ってみるか」
軽い気持ちで足を運ぶと、
そこには贅沢の極み、究極のカニ丼が待っていました

【鳥取・鳥取市】味暦 あんべ 6000円の蟹取県究極のカニ丼、人生で一度は食べたいグルメ!

『味暦 あんべ』さんは、
JR鳥取駅から徒歩10分程度のところにあります。

JR鳥取駅の周りは栄えている方でして、
居酒屋やカフェが割とあります。

観光には鳥取の焼き物が並ぶ、
たくみ工芸展』もおすすめです。

『たくみ工芸展』は以前有名なカルチャー誌、
『Popeye』で鳥取で特集が組まれた時にも掲載されてました。

私は鳥取の窯元だと、
山根窯の焼き物が好きです。

どこか異国情緒がある作品に、
心が惹きつけられます。

もちろん『たくみ工芸展』にも、
山根窯の焼き物があるのでチェックしてみてください。

主張しすぎず、建物の間にひっそりとある小料理屋。

地図を見ながら、
近くまで行きコインパーキングに車を停め歩きます。

鳥取だとコインパーキングに
車を止めることはほぼないんですが、
駅の近くなので流石に駐車場はありませんでした。

早い時間ですが、
薄暗い道を歩いていると、
店の明かりが見えてきました。

味暦 あんべ

うっかりしていると見逃してしまいそうです。
店を示すものはこの明かりだけ。

味暦 あんべ 店構え

少し奥まった引き戸。
フラッと立ち寄る雰囲気では無い店構えに驚きます。

少し怯みながら中に入ります。

8席ほどのカウンターがあり、
奥には座敷もあるのでしょう。

店員さんがサッと立ち寄ってきて
「予約されてますか?」と一言。

「してません。」
まずい、これは無理なパターンか、
店構えからそんな気はしていました。

「少々お待ちください。」
店員さんが大将であろう人と相談しに行きました。

諦めかけていましたが、
30分だけなら案内できるとの事。

ちょうど予約客の入れ替わりのタイミングで、
奇跡的に席につくことができました。

行く時は予約必須みたいです。
後から来たお客さんは皆予約されていました。

『味暦 あんべ』あなたならどっちを選ぶ?究極のカニ丼!

席につきメニューを見てみるとカニ丼しかない。

味暦 あんべ メニュー

値段を見て驚愕。
6000円!?

事前に教えて欲しかった。
もう取り返しがつかない。笑

6000円の丼を食べる心構えはできてないが、
4500円で妥協するのは逆にもったいない気が、
『親カニ丼極』6000円を注文しました。

「そりゃ大学時代に話は聞かないだろうな」
と変に納得しました。

  • 内子塩茹で
  • 生外子醤油漬け
  • 生内子醤油漬け

どれも食べたことないです。
茹でガニの内子は食べたことありますが、
カニ味噌と一緒に食べたことがあるくらい。

生では当然食べたことない。
期待が高まります。

親カニ丼極

親カニ丼 極

美しい。

カニだけでこんなカラフルな丼が作れるなんて、
どこから箸を入れようか悩みます。

ベーシックなカニ身からいただくことに。

ほぐされたカニ身はフワフワですが、
身の詰まり具合が違います
水っぽさがなく何もかけなくても甘みを感じます。

カニ味噌和えのカニ身は、
カニの風味が凝縮されています。

生の内子はクリーミーで、
白子などに似た濃厚な味わい。
口の中いっぱいに広がります。

内子の塩漬けは、
生とは違い身が締まり、
その分味わいも濃いです。
口の中で解れて味が広がります

外子の醤油漬けは、
一粒一粒が小さいのにも関わらず、
海ぶどうのようにプチプチしています。

これらを少しずつ和えながら食べるのが幸せすぎる。

正直初めての味わい深さで、
うまく言葉にできないです。

どんどん減っていくカニ身達、
名残惜しくて一旦箸を置きます。

カニ汁

カニ汁を飲んで一旦落ち着きます。

カニのエキスが濃厚に感じられるカニ汁、
ゴロゴロした大根は出汁をたくさん吸ってホロホロです

このカニの外子もたまらない。
痛風まっしぐらです。

おかわりすると、
また写真と同じ状態でカニ汁が出てきます。

このカニ汁と白ごはんだけで十分なほど贅沢なカニ汁です。

カニ丼に戻り名残惜しいですが、
別れを告げます。

数分前に戻れたら、
もっと長く一緒に居れたのに、、

6000円のカニ丼はものの数分で姿を消しました。

人生で一度は食べたい、『味暦 あんべ 』究極のカニ丼!

言わずもなが、
人生で一番の丼ものでした。
(値段も!)

値段も知らずに行った私ですが、
たまにの贅沢に食べるならいいか、
と割り切れるクオリティでした。

蟹取県と名を変えた、
鳥取県の本気を見ました。

日本酒飲みながら食べれたら、
格別だっただろうなー。

死ぬまでに後5回は食べたい!

次回は先輩にご馳走してもらいます!笑

合わせて読みたい

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回紹介するお店は、 鳥取・米子市内の『洋燈』さんです。 どの街にもある「昭和レトロな喫茶店」。 もちろんここ鳥取県 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回紹介するお店は、 鳥取県湯梨浜にある『HAKUSEN』さんです。 なかなか行く機会がないとは思いますが、 鳥取県 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回訪問したのは鳥取・米子市 『珈琲屋 吹野』さんです。 米子に住んでた時から、 認識はしていた珈琲屋さんでした。 […]


私のブログでは、
喫茶店、グルメの紹介に加えて、
コーヒーの焙煎や抽出に関する知識や、
ためになる書籍などについて発信していきます。

興味のある方は
Instagram、twitter
フォローよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺で、

店名 味暦あんべ
ジャンル 懐石・会席料理、割烹・小料理、かに
予約・
お問い合わせ

0857-29-9125

住所

鳥取県鳥取市弥生町175-2

交通手段 JR 山陰本線 鳥取駅から徒歩約10分

鳥取駅から623m

営業時間・
定休日

営業時間

昼 11:00~13:30
夜 18:00~22:00

定休日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください

 

 

 

 

 

 

喫茶 孝二郎で豆の販売をはじめました

お得な定期購入では
「FUJI ROYAL DISCOVERY」を用いて
お客様好みの焙煎を行っています。

今後も続々と商品を追加予定!
ぜひご覧くださいませ!

詳しくはこちらから