【鳥取・湯梨浜】HAKUSEN 東郷湖の畔にあるカフェ、まるで船の上にいるような眺め。

喫茶 孝二郎
皆さんこんにちは、
喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です

今回紹介するお店は、
鳥取県湯梨浜にある『HAKUSEN』さんです。

なかなか行く機会がないとは思いますが、
鳥取県には都会にはない自然の景色がたくさんあります。

なかでも『HAKUSEN』さんは、
特に景色が良く鳥取に行った際にはぜひ行って頂きたいお店の一つです。

鳥取県在住の方に、
おすすめのカフェ、喫茶店をリサーチし何軒か訪問しました。

今回の『HAKUSEN』さんは、
よく名の挙がったお店の一つです。

『HAKUSEN』さんの特徴はなんといっても、
東郷湖を一望できるレイクビュー

魅力を最大限お伝えします!

鳥取・湯梨浜】HAKUSEN 東郷湖の畔にあるカフェ、まるで船の上にいるような眺め。

今回紹介する 『HAKUSEN』さんは、
東郷湖という湖の畔にあります。

地図を縮小していただけるとわかりますが、
鳥取県の中央に位置します。

正直アクセスは死ぬほど悪いです。

仮に大阪から行くとしたら、
まず鳥取の西の端の米子市、
または東の端にある鳥取市に
高速バスで行きそこから汽車に乗って松崎駅に行くことになります。

汽車はあまりお勧めしません。
本数がとにかく少ない。

『HAKUSEN』は駅から近いですが
(好アクセス)
他の良いお店はすごい山奥にあることが多いんです。

鳥取の主要都市でレンタカーするか、
初めから車で行った方が効率的に回れます。


『HAKUSEN』さんの外観がこちら!

HAKUSEN 外観写真

後ろに少し東郷湖が見えます。

新しいお店ですが、
建物自体はそこまで新しくありません。

元々船着場の管理?として利用していた建物を改装してカフェにしたそうです。

都会ではまずあり得ないですね。

車から降りた時点で波の音が聞こえます。
ワクワクしながら店内に入ります。

鳥取・湯梨浜『HAKUSEN』壮大なレイクビュー、遮るものは何もなし。

真っ白で明るく、
シンプルな椅子やテーブルが並び、
北欧のような美しさを感じます。

湖側の壁は一面ガラス張りとなっており、
外からの光が差し込みます。

店内はほぼ明かりをつけておらず、
窓から差し込む自然光だけで十分明るいです

HAKUSEN 店内写真

窓からの景色が壮大、
店内でも波の音が聞こえ、
流れる店内の音楽と調和しています。

先に注文を済ませる形式になってて。
先客さんに接客中だったので、
窓からの景色を眺めながら待ちます。

窓からの景色

対岸まで曇りなくはっきり見えます。

こちらはお昼の景色ですが、
時間帯が変わるとガラッと景色が変わりそうですね。

夕暮れ時もまた綺麗でしょう。

周りに高い建物も特にないので、
良い感じで光が差し込むと思います。

『HAKUSEN』さんの2種類のブレンドと種類豊富なスイーツ

私の順番になり、
メニューをざっと見てみます。

HAKUSEN メニュー

ブレンドが2種類用意されています。

お子様用のドリンクも用意され、
子供連れの方でも気軽に利用できます。

HAKUSEN ショーケース

ショーケースにお菓子が入っている。
どれもショーケースの中で輝いて見え美味しそうです。

他にも焼き菓子が用意されていて、
お土産にもピッタリです。

お土産に焼き菓子を

テイクアウトされていくお客さんも多かったです。

キッチンもかなり広いです。
スイーツ専門のパティシエさんもおられそうです。

注文を済ませ窓際の席に腰掛けました。

店内には2.3.4名掛けのテーブルが2卓ずつ、
大きな6名掛けのテーブルが1卓。

広い店内でゆとりを持って席が設置されています。

HAKUSEN 本棚

腰掛けた席の後方に大量の本。

ラインナップが面白い。
一冊くらい興味あるのがあるはずです。

落ち着ける空間づくりに徹底されています。

回転率を考えてない感じ、
利用する側としても落ち着いて利用しやすいです。

HAKUSENブレンド

香り高い。
甘い香りがします。

酸味がありとてもフレーバリーな味わい。
苦味は控えめです。

グアテマラを思わせる、
ベリーのような酸味を感じる。

中深煎りと明記されてるが、
個人的にはかなり浅い印象を受ける。

ゴクゴク飲めてしまう。

オペラブレンド

酸味系の香りを感じます。

HAKUSENブレンドに比べると、
さらに酸味が際立つイメージ。

レモンのような酸味。

酸味の奥に少しの苦味を感じる。
こちらも中深煎りと明記されていました。

どちらのブレンドも、
苦味は少なめで豆の持っている風味、香りを
ダイレクトに味わえます

持ち帰り用で豆を購入して見てみたが、
やはり焙煎度合いは浅めでした。

※豆は京都の『WEEKENDERS COFFEE』さんより仕入れているようです。
オンラインショップもあるので気になる方はチェックしてみてください。

チーズケーキ

HAKUSEN チーズケーキ

フォークを入れると、
ズズズット入っていきます

かなり重厚感がある。
滑らかな舌触りとチーズの風味

水分量がちょうど良いです。

テリーヌ・ショコラ

HAKUSEN テリーヌショコラ

表面にかかっているのはお塩でしょうか。
良いアクセントになっています。

羊羹のように密度感がある。
力を入れるとスーっとフォークが入っていきます。

表面が少し溶け始めている。

生チョコレートのようで、
容赦ない甘みを感じます。

口の中がチョコで満たされ、
幸せな気分になる

どの角度から撮っても映える、HAKUSENで素敵なひと時を。

HAKUSENのオーナーさんは、
移住してきた方みたいですね。

この場所に惚れ込む理由もわかります。

とても素敵な場所です。

窓の外は湖、
聞こえる波の音。

船上かと錯覚します。

トイレに行っても波の音、
非日常です。

良いカメラを買いたい、
そんな気分になりました。

合わせて読みたい

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回訪問したのは鳥取・米子市 『珈琲屋 吹野』さんです。 米子に住んでた時から、 認識はしていた珈琲屋さんでした。 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回紹介するお店は、 鳥取・北栄町にある『miepump coffee shop』さんです。 私の第二の故郷「鳥取」 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回紹介するお店は、 鳥取・米子市内の『洋燈』さんです。 どの街にもある「昭和レトロな喫茶店」。 もちろんここ鳥取県 […]


私のブログでは、
喫茶店、グルメの紹介に加えて、
コーヒーの焙煎や抽出に関する知識や、
ためになる書籍などについて発信していきます。興味のある方は
Instagram、twitter
フォローよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺で、

 

店名 ハクセン (HAKUSEN)
ジャンル カフェ
予約・
お問い合わせ

0858-32-1033

住所

鳥取県東伯郡湯梨浜町旭127-2

ハクセン - 地図
交通手段 松崎駅から179m
営業時間・
定休日

営業時間

13:00~17:30

定休日

月曜日、日曜日、祝日

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

喫茶 孝二郎で豆の販売をはじめました

お得な定期購入では
「FUJI ROYAL DISCOVERY」を用いて
お客様好みの焙煎を行っています。

今後も続々と商品を追加予定!
ぜひご覧くださいませ!

詳しくはこちらから