【大阪・大正】井尻珈琲焙煎所 駅前の路地裏、こだわり抜かれた空間で嗜む深煎り珈琲

喫茶 孝二郎
皆さんこんにちは、
喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です

今回訪問したのは
大阪・JR大正駅にある『井尻珈琲焙煎所』さんです。

FUJIROYAL 焙煎機

こちらのお店、大阪では有名なお店で、
深煎り珈琲専門店に行くとなれば、
訪れる方も多いと思います。

存在は以前から知っていて、
「イベントでの出張喫茶」
で飲んだことはあったのですが、
お店を訪れたことはありませんでした。

当時飲んだのは、
確か深煎りのマンデリンだったかな?

あまり深煎りがまだ好きじゃなくて、
そんなに気に入らなかったんです

焙煎を始めて時間が経つにつれて、
だんだん深煎りが好きになってきました。

また飲んでみたい気持ちが募って、
今回訪問しました。

井尻珈琲焙煎所の
お店の雰囲気や、立地、もちろん味も、
詳しくお伝えしたいと思います。

【大阪・大正】井尻珈琲焙煎所 駅前の路地裏、こだわり抜かれた空間で嗜む深煎り珈琲

『井尻珈琲焙煎所』は、
大阪・JR大正駅前にあります。

大正駅は京セラドーム大阪の最寄駅にもなるので、
ライブやイベントがある時の利用者はとても多く、
駅前で警備員の誘導があることもあります。
※この日もイベントの影響でかなり人の往来がありました。

大正駅前

ただ普段はそこまで利用者の多い駅ではないようです。

交差点を渡って1本目の路地を曲がったところ、
そこに井尻珈琲焙煎所はあります。

大正駅前の路地

珈琲専門店という看板が確認できると思います。
井尻珈琲焙煎所の目印です。

奥の方に沖縄料理店の看板。

大正区の豆知識になるのですが、
大正区は大阪の「リトル沖縄」と呼ばれるほど、
沖縄出身の方が多い地域です。

正確な統計はありませんが、
住民の4分の1は沖縄にゆかりのある方だとか、、

大正区では本場の沖縄料理を楽しむこともできます。

井尻珈琲焙煎所で珈琲を楽しんだ後に、
沖縄料理を楽しむのもおすすめです。

※JR大正駅を南下した所が、
リトル沖縄と呼ばれる中心地になります。

徒歩でも行けますが少し距離があるので、
バスの利用がおすすめです

珈琲を楽しむ雰囲気づくりが最上級な井尻珈琲焙煎所

井尻珈琲焙煎所 店構え

シンプルな店構え。

ガス灯が目印です。
温かみを感じます。

外からは店内の様子は伺いづらかったです、
店内は薄暗くライトアップされていて、
高級エステの施術室のような雰囲気です。

店内に入って分かったのですが、
逆に店内からは外がとても見やすいです。笑

あまり店内を覗き込みすぎると、
店内の人がみんなこっちを見てるかも知れません。笑

店内に入ると、
香ばしい珈琲の香りで包まれます

店内入り口の左側には焙煎機があります。

FUJIROYAL 焙煎機

焙煎機もライトアップされていて、
美しいですね。
よく手入れされているのが伺えます。

そのお向かいには
CDやレコードがたくさん取り揃えてあります。

CD、レコード棚。

置いてあるCDは全て試聴が可能で、
購入することもできます

写真には写っていませんが、
大量にあるレコードは、オーナーさんの私物。

店内にあるターンテーブルで店内BGMを。

今年40歳になるオーナーさんは、
中学生の頃からレコードを集めているとのことです。

店内でかけるのはジャズが多いようですが、
何でも聞くそうで、パンクも好きで家には、
まだまだたくさんレコードがあるそうです。

井尻珈琲焙煎所、珈琲専門店ならではのシンプルなメニュー。

メニューの構成はとてもシンプルで、
ネルで点てるか、ペーパーで点てるかを選びます。

私は本日の珈琲をネルドリップ。
加えて本日のデザートを注文しました。

お一人でお店をまわされているので、
注文は順番に伺っていきます。

まず席に着いたらひと息つき、
注文を伺われるのを待ちましょう。

カウンターが7席で、
2名掛けのテーブルが1卓
4名掛けのテーブルが1卓あります。

今回来店したのは、
土曜のお昼過ぎに来店しましたが、
私が来店した時点で店内はいっぱいでした。

一杯一杯丁寧に点てていきますので、
時間はかかります。

急がれている方にはあまり向いていません。
ゆっくり時間を忘れられるタイミングで伺いましょう。


店内は大人の憩い場のような雰囲気
正直おしゃべりを楽しみような雰囲気ではありません。

実際大きな声で話していたお客さん、
着信音を何度も鳴らしたご年配のお客さんは、
注意を受けてました。

珈琲を楽しむ雰囲気作りは一流です。

私はとてもリラックスできました。
店内はヤカンが常に温められているので、
湿度が高く、空気も暖かい。

「暖かいお風呂に浸かっているよう」
にリラックスできました。

本日の珈琲、ネルドリップ珈琲を堪能しました。

珈琲を注文すると、
珈琲豆のグラムを測り、
その上でもう一度珈琲豆をライトで照らし、
豆の確認を行います。

欠点豆を逃さない姿勢が感じられます。
その一手間が美味しい珈琲を生み出します

黒く艶のある美しい珈琲豆、
一目で深煎りであることが確認できます。

ライトアップされた棚からカップを取り出します。

ドリップをする位置には、
手元を照らすランプ。

店内の中心でまるでそこがステージのよう。

細くゆっくり点てられていきます。

カップを温め、
液体を注いだら、表面の泡を取っていきます。

一つ一つの所作が美しく、
見られることも意識している、
見せる抽出です。

本日の珈琲 十一月

持ち手のない陶器で提供される珈琲、
おそらく80度付近で抽出されていますので、
持てないほど陶器は熱くありません。
(そういう陶器なのかも)

ブレンドの名前は『十一月』、
今年は月毎にブレンドを制作しているようです。

まず一口、
苦味の後に確かに広がる甘み、
しっかりと甘いです。
酸味はほとんど感じません。

まろやかな口当たりと、
伝わる濃度感、悔しいですが、
自分の焙煎との差を痛感します

複雑な味わいというよりは、
シンプルな苦味と甘味を感じました。

温度が冷めても美味しい珈琲、
嫌な苦味がせず、いい苦味のみ感じます。

深煎りの世界は広いですね。
もっと精進します。

レーズン入りチョコケーキ

レーズン入りのチョコレートケーキです。

程よい甘味で、
珈琲を引き立てるような味わいです。

体に優しい味わいがします。
あくまで主役は珈琲という感じがします。


来店したタイミングでは、
女性のお客さんが多かったです。

女性のお客さんの多くは、
ミルク珈琲』を注文されていました。

ガスコンロで温めながら、
泡立てたミルクを珈琲に注いでいました。

私は牛乳が苦手なので
注文しませんでしたが、
フワフワメレンゲ状になったミルク
とても美味しそうでした。

大阪・大正区で存在感をはなつ井尻珈琲焙煎所

大阪駅からのアクセスはそこまで悪くない、
『井尻珈琲焙煎所』
珈琲好きの方は一度訪れてみるのをお勧めします。

卓逸した雰囲気作りは、
目を見張るものがあります。

実際に来店することが難しい方も、
オンラインショップで豆を買い求めることができます。

是非一度確認してみてください。
インスタグラムにも素敵な写真がたくさん掲載されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

井尻珈琲焙煎所(@ijiri_coffee)がシェアした投稿

こちらも要チェックですね。


私のブログでは、
喫茶店、グルメの紹介に加えて、
コーヒーの焙煎や抽出に関する知識や、
ためになる書籍などについて発信していきます。

興味のある方は
Instagram、twitter
フォローよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺で、

 

店名 井尻珈琲焙煎所
ジャンル コーヒー専門店
予約・
お問い合わせ

06-7503-5782

住所

大阪府大阪市大正区三軒家東1-4-11

井尻珈琲焙煎所 - 地図
交通手段 大阪市営地下鉄「大正駅」より徒歩1分

大正駅から87m

営業時間・
定休日

営業時間

不定期
twitter facebook を参照

日曜営業

定休日

不定休

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください

 

 

喫茶 孝二郎で豆の販売をはじめました

お得な定期購入では
「FUJI ROYAL DISCOVERY」を用いて
お客様好みの焙煎を行っています。

今後も続々と商品を追加予定!
ぜひご覧くださいませ!

詳しくはこちらから