【焙煎機レビュー】大坊珈琲店が長年愛用していた名機、FUJI ROYAL手廻しロースターについて!

喫茶 孝二郎
皆さんこんにちは、
喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です

以前も紹介した事がある、
南青山にあった大坊珈琲店を営んでいた大坊勝次。

大坊勝次とは


1949年岩手県盛岡生まれ。南青山にあった珈琲店「大坊珈琲店」店主。1975年の開店以来、自家焙煎、ネルドリップというスタイルも内装も変えずに営んできたが、2013年12月にビルの取り壊しにより、惜しまれつつ閉店した。その後も全国各地で手廻し焙煎やネルドリップのレクチャー、主張珈琲店を行っている。

大坊勝次さんが長年愛用してきた名機、
手廻しロースターがFUJI ROYALさんより
3度にわたって、販売されています。

実際に大坊勝次さんが、
手廻しロースターを使用して、
焙煎を行っています。

全ての動作が洗練されているように見えます。
何十年もかけて生まれた手廻しロースターでの焙煎技術。

海外にも名の轟く大坊珈琲店モデル、
手廻しロースターは限定発売で、
すぐ売り切れてしまいます。

おそらく第4弾の発売もあるのでしょう。
アンテナを張っている方も多いはずです。
※2020年分は完売しました。

今回はそんなFUJI ROYALさんの、
『1キロ手廻しロースター』について、
詳しく紹介して行きたいと思います。

ついにオンラインショップをオープンしました!

喫茶 孝二郎のオンラインショップはこちら

【焙煎機レビュー】大坊珈琲店が長年愛用していた名機、FUJI ROYAL手廻しロースターについて!

まずはFUJI手廻しロースターの
標準仕様についてみていきましょう。

●形式 手廻しロースター
●大きさ 535(W)×275(D)×375(H)
●重量 11.4kg(ガスバーナー含む)
●焙煎量/Batch 生豆重量1kg
●熱源ガス(各種都市ガス・プロパンガス)
●ガス消費量 7.81kw
●接続ホース径 10A(9.5㎜)
●付属品 テストスプーン1本、生豆用漏斗
●価格 195,000円(税別)

大きさ、重量

大きさはバスケットボールくらいの大きさです。

動画を見てもらうとわかりやすいですが、
少し小さめには感じるかもしれません。

焙煎量

1kg!
discoveryの4倍です。
そろそろ大きい焙煎機が欲しくなってきた私です。

ガス系統

ガス消費量もdiscoveryの約4倍です。

価格

195,000円(税別)
安いと見るか高いと見るか、
私は安いと思います。

次のメリットデメリットで紹介します!

FUJI ROYAL(フジローヤル )手廻しロースターでのメリット、デメリット

手廻しロースターを選ぶか、
全自動ロースターを選ぶか悩んでいる人は少なからずいると思います。

なので私が思う手廻しロースターのメリット、デメリットについて、
まとめていきます。

メリット

メリットその1 安い

やはり値段は安いです。

その分、手で回し続ける必要がありますが、
1度に1kgの焙煎を行えるのに、
195,000円!

小型のFUJI ROYALさんの焙煎機で
1kgモデルの値段は、
およそ100万円ほどします。

20万円程度で、
1度に1kgを焙煎できるロースターが手に入る。
かなりコストパフォーマンスが良いです。

メリットその2 省スペース

焙煎機購入時にネックになるのは設置スペース。
私もかなり試行錯誤しました。

その様子はこちらの記事で

関連記事

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回はタイトルにもあるように、 お店や最近行ったイベントの紹介ではなく、 私の人生で一番大きな買い物。 焙煎機のレビューです! […]

その点手廻しロースターはコンパクト、
置こうと思えば換気扇の近く、
ガスコンロの横あたりでの設置もできそうです。
(煙が吸い切れるかは別問題)

持ち運びも簡単ですので、
Discoveryより省スペース化できます。

メリットその3 視覚的でわかりやすい

覗き込めばすぐに釜の中の様子が見え、
今の状態がわかりやすいです。

中身が見えない小型の焙煎機と比べると、
焼かれている豆との距離が近く
イメージはしやすいと思います。

デメリット

デメリットその1 手間がかかる

小型焙煎機と比べて、

  • 手で廻し続ける
  • 冷却装置がない

といったデメリットがあります。

冷却装置はないのは大変で、
焙煎装置が小さくても、
冷やすためのスペースを用意しなければなりません。
(動画で見られたザルなどを使う)

結局のところ焙煎する際は少々スペースが必要かも、、

デメリットその2 再現性が低い

視覚的にはわかりやす手廻し焙煎機での焙煎ですが、
小型焙煎機についているような、
ガス圧目盛り、温度計、排気量調整は
一切ありません。

信じるのは自分の感覚のみです。

大坊さんのような熟練した焙煎士なら可能でしょうが、
焙煎未経験の方が再現性の高い焙煎を行うには、
かなりの歳月が必要です。

FUJI ROYAL(フジローヤル )手廻しロースターの魅力。

確かに焙煎が難しい手廻し焙煎機ですが、
コーヒーマニア的には手廻し焙煎機のイメージは良いです。

大坊珈琲店をはじめ、
有名店には手廻し焙煎機を使用するお店は少なくありません。

手廻し焙煎を行うお店はこちら

関連記事

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です   今回訪問したお店は、 東京・下北沢にある『珈琲屋 うず』さんです。 東京でいってみたかったお店の一[…]

関連記事

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回訪問したのは、 大阪・天満橋にある『星霜珈琲店』さんです。 「深煎自家焙煎珈琲店」 「珈琲だけの店」 珈琲好き[…]

一種のロマンだと思います。

大きな焙煎機に買い換えれば
一度にたくさんの豆を焙煎する事ができる。

しかしあえて非効率なやり方で焙煎を行います。

例え味に大きな変化がなかったとしても、
手間暇かけられて生まれた一杯は、
より深い味わいを生みます。

手間がかかる作業ですが、
その分焙煎に気持ちが乗りますね。

手廻し焙煎機には排気装置がついていません。
コーヒー豆の薄皮(チャフ)が取り除かれず、
一緒に焙煎され続けられます。

それらが相まって、
スモーキーな味わいになるとも言われています。

また釜の回転数がリアルタイムで調整できるのも特徴ですね。

最後に

非効率ではあるが、
コーヒーマニアを魅了する手廻しロースター、
私もタイミングが合えば購入していたかもしれません。

Discoveryを購入の時に、
煎っ太郎との購入と悩みました。
煎っ太郎は自動で回る手廻しロースターといった感じです。

テストを重ねましたが、
最終的にはDiscoveryに決めました。
この記事が焙煎機の購入を悩んでいる人の
参考になれば幸いです。
些細なことでも質問があれば、
コメントでもinstagramでのDMでも気軽にどうぞ!

YouTubeチャンネルを作りました

『喫茶 孝二郎』のYouTubeチャンネルはこちら!

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 以前も紹介した事がある、 南青山にあった大坊珈琲店を営んでいた大坊勝次。 大坊勝次とは 1949年岩手県盛岡生まれ。 […]

珈琲好きの皆さんこんにちは、珈琲屋志望(@coffeeya_shibo)です。 今回はFUJI ROYALさんの焙煎機にオプションで用意されている。 ロースティングコンパスについて紹介していきたいと思 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回はタイトルにもあるように、 お店や最近行ったイベントの紹介ではなく、 私の人生で一番大きな買い物。 焙煎機のレビ […]

私のブログでは、
喫茶店、グルメの紹介に加えて、
コーヒーの焙煎や抽出に関する知識や、
ためになる書籍などについて発信していきます。
興味のある方は
Instagram、twitter
フォローよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺で、

 

 

 

 

喫茶 孝二郎で豆の販売をはじめました

お得な定期購入では
「FUJI ROYAL DISCOVERY」を用いて
お客様好みの焙煎を行っています。

今後も続々と商品を追加予定!
ぜひご覧くださいませ!

詳しくはこちらから