【焙煎機レビュー】フジローヤル/富士珈機さんの焙煎機 DISCOVERYを購入しました。

喫茶 孝二郎
皆さんこんにちは、
喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です
今回はタイトルにもあるように、
お店や最近行ったイベントの紹介ではなく、
私の人生で一番大きな買い物。
焙煎機のレビューです!
コーヒーにまつわる職につく方以外では、
相当コーヒーを愛している方しか、
購入を検討する事はないと思います。
コーヒー好きなら最終的に、
「自分で焙煎したい!」
と言う考えに一度は行きつきますよね。
そんなMy焙煎機の購入を検討している方や、
焙煎機に少しでも興味がある方に向けて、
今回記事にまとめてみました。
焙煎動画はこちら

ネット上でも、
ここまで詳しい焙煎機の購入レビューはないと思います。
最後まで読んでいただけると幸いです。

ついにオンラインショップをオープンしました!

喫茶 孝二郎のオンラインショップはこちら

FUJI ROYALの小型焙煎機DISCOVERYについて

まずは購入した、
FUJI ROYALのDISCOVERYを軽く紹介します。

FUJIROYAL DISCOVERY

●形式 COFFEE DISCOVERY
●大きさ 356(W)×631(D)×710(H)mm
●重量 37.9kg
●焙煎量/Batch 生豆重量250g
●焙煎方式 直火式・半熱風式
●電源 AC100V
●定格電力 70W
●熱源ガス(各種都市ガス・プロパンガス)
●ガス消費量 2.2kw
●接続ホース径 10A(9.5mm)
※製品の仕様は品質向上等の理由で予告なしに変更される場合があります。

上記が標準仕様になります!
標準仕様について一つ一つみて行きましょう。

・大きさ重量について
FUJIROYALのラインナップの中では、
一番小型な焙煎機になります。

それでも一般家庭には充分。
約40kgになるのでしっかりとしたラックが必要です。

排気のこともあるので、
設置場所はよく考える必要があります。

後で我が家での設置場所についても紹介しますね。

・焙煎量
250gと少量ですが、
家庭で楽しむ分には十分。

また豆売りを主体としない場合なら、
カフェや喫茶店でもこれ単体での運用が可能です。
(実際にたくさんおられます)

後に大きな焙煎機を買った際にも、
サンプルロースターとして利用できます。

DISCOVERYは少量用ながら、
本格的な焙煎ができるので使い勝手がいいです。

・焙煎方式
直火式と半熱風があります。

簡単に言うとコーヒー豆をお肉と考えて、
網(直火)で焼くかフライパン(半熱風)
で焼くかといった違いです。

他にも様々なファクターがありますが、
大雑把に言えばそんな感じです。

ちなみに私は半熱風を選択しました。
※実際はドラム内の熱風の通り方が異なります。

半熱風を選択した理由
私はFUJI ROYALさんの
「焙煎技術基礎講座(全8回)」を受講しました。

そこで使用されたのが半熱風式のDISCOVERYでした。
一応少し使い慣れた焙煎機なので、
私は半熱風式を選択しました。

・電源、定格電力
特に確認する点はないかなと思います。
コンセントがあれば問題ないです。

・熱源ガス
プロパンガスか都市ガスを選択します。
関西ではプロパンガスの新規契約は難しいらしい。
(FUJI ROYALの社員さん情報です)

私は都市ガスを選択しました。

・ガス消費量

ガスホースの長さと関係します。
長すぎるとガス供給が追いつかない状態になります。

2.2kwくらいなら問題なさそうですね
詳しくは大阪ガスのHPで確認してみてください。

標準仕様には以上です。
一番重要なのは焙煎方式ですね。
私は半熱風でしか経験がないですが、
私が受講した「焙煎技術基礎講座」には
直火式で焙煎されたコーヒーが好きで、
直火式での焙煎を希望している方もおられました。
釜の形状が変わる部分なので、
FUJI ROYALさんで月に一度行われている、
「焙煎機トライアルデイ」に参加して、
感覚を確かめるのをお勧めします。

FUJI ROYAL DISCOVERYで焙煎を行うお店
関連記事

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回紹介するのは、 京都・河原町三条にある、 『TRIBUTE COFFEE』さんです。 (トリビュートコーヒー) [ca[…]

FUJI ROYALの小型焙煎機DISCOVERYを購入に至った経緯

DISCOVERYを購入することになったのは、
FUJI ROYALさんで主催された、
「焙煎技術基礎講座」
を受講したのが大きなきっかけになっています。
先ほども述べましたが、
こちらの講座で使用したのが、
今回購入した半熱風式のDISCOVERYでした。
月2回10:00~17:00の講座を4ヶ月、
全8回にわたって行われる焙煎講座。
私はこの講座で自分の好きな味、
作りたい味の目処が立ち、
自分で試行錯誤できるくらいになりました。
おおよそ1日に6バッチ以上は焙煎して、
それをテイスティングする。
受講者(5人)全員の焙煎を
テイスティングするので合計すると30通り以上の豆を
1日にテイスティングすることになります。
(帰る頃には胃がおかしくなり
いつも逆にジャンキーなものが食べたくなってました。)
初めの方は味を表現するのが難しく、
美味しい、美味しくないの物差しでしか
測る事が出来ませんでした。
しかし講習を終える頃には、
生意気に豆の味について、評論できるようになりました。
(未熟者がもっともらしい事言ってるだけですが、、笑)
講座が終わってから、
同じくFUJI ROYALさんが主催する、
「焙煎機開放デイ」で焙煎の練習をしていました。
(14:00〜17:00で予約した焙煎機が自由に使える)
しばらくすると、
「焙煎機開放デイ」は「焙煎機トライアルデイ」に変わり
商業目的での利用、趣味の利用が制限されることになりました。
以前の「焙煎機開放デイ」は予約が難しく、
予約枠が解放されると、
即日予約が埋まってしまう程人気でした。
中でも趣味、レンタル目的の方の利用が多く、
実際に購入を検討している方の、
お試しが出来ない状況だったのでこのような措置がなされました。
となると私の位置付けはとても微妙でして、
購入は検討しているが、
お試しというほど使い慣れてない訳ではない、、、
社員さんは「焙煎機トライアルデイ」の
予約は了承してくれましたが、
私の立ち位置的に少し微妙な反応、、、笑
これはもう買うしかないな!
と思いまして、
購入に踏み切りました。
まあいつかは買うつもりでしたし、
逆に背中を押してもらいました。
(もしかしたらそういう戦略だったのかも、、笑)
※ちなみに「焙煎技術基礎講座」を受講した方は、
修了書を受け取ってから、
1年間セミナー代(¥176,000)の半額が、
焙煎機の購入代金から割引されます。
この半額割引はDISCOVERY以上の機種にて適用されます。
(煎っ太郎、FUJI手廻しロースターでは適用されません)
合わせて読みたい
関連記事

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 以前も紹介した事がある、 南青山にあった大坊珈琲店を営んでいた大坊勝次。 大坊勝次とは 1949年岩手県盛岡[…]

かなり悩みました、FUJIROYAL DISCOVERYの設置場所について

買うと決まれば、すぐに行動。

FUJI ROYALに連絡し、在庫を確保
(月ごとで在庫管理しているようです。
月初めの方が在庫は確保しやすいかもしれません。)

仕様を伝えると、ご注文確認書がPDFで送られてきます。

確認書を印刷し、
サインしてFAXで送り返す、
振り込みを済ませれば、配送手続きに進みます。

配送日は指定でき、
細かい時間は指定できないと聞いていましたが、
実際は発送手続き後にネット上で指定できました。
(運送会社に直接連絡)

かなり大きく40kgある荷物、
さらに精密機械です。

万全の体制で受け取りましょう。

私の場合週初めに在庫確保の連絡をしましたが、
週末にはうちに焙煎機が届きました。

かなりスピーディーです。
あっさり買えてしまいました。

しかし、問題はここからです。

焙煎機なんてどこに置くの!と、
かなり煙も出るし、
換気扇も設置しないといけないんじゃないの?
スペースの悩み以上に排気の問題があると思います。

結論から言いますと、
私はキッチンの一角に置いて、
焙煎する際にはできるだけ換気扇の下まで近づけています!

やはり換気と設置スペースの兼ね合いが難しい、
我が家では以下の図のように設置しました。

 

我が家のキッチンの配置を、図にしてみました。

我が家ではガスホースを長めに用意しまして、
焙煎する際には換気扇の真下に近づけて、
焙煎するようにしました。

この方法でも煙は2ハゼ付近になると、
ある程度充満してきます。

我が家は昔からある古い家なので、
排気についてはあまり気にしていません。

賃貸や新築マンションとなってくると話が変わってきますね。
もっと厳重な対策が必要になってくると思います。

私が今の設置条件で感じたのは以下の3点です。

①ガスの調節時のラグ

ガスホースの長さ(3m)の影響でしょうか、
少しラグを感じはしますが、使用上特に問題はありません。

焙煎中も微妙にガス圧が変化する事はあります。
こまめに確認しましょう。

②煙について

一番気にかけていたのですが、
深めに焙煎しても思ったほど煙は出ませんでした。
換気扇で意外と排気できてます。

匂いに関しては、、、諦めましょう。
常に喫茶店にいる気分になれます。笑

③ラックについて

今回ラックは少し拘りました。
次章で述べることにします。

合わせて読みたい

関連記事

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 以前インスタグラムのDMでこんな質問が来ました。 質問者 焙煎を始めたいのですが、未経験で全くの素人です。[…]

40kgの焙煎機も余裕で置ける、株式会社シーエスラックのキャスター付きラック!

焙煎機を置くために探し始めた、
キャスター付きのキッチンラック。

量販店を探してみましたが、
耐荷重は頑丈を売りにしてるものでも大体40~50kgほど、
焙煎機単体で40kgあるので少し頼りないですよね。

何かの拍子にラックが崩れようものなら大惨事です。

いいものはないかなーと探していましたら、
ありましたよ良いのが。

こちらのシーエスラックさん、
業務用のスチールラック・スチール棚を扱う会社です。
一段あたりの耐荷重は、
一番お手頃なモデルで120kg!
余裕じゃないですか。笑
高さ、幅、奥行き、段数全て選ぶ事が出来ます。
最高じゃないですか。
もう即買いしました。
数日後に送られてきた商品がこちらです
うーん、これはなかなか手を焼きそう、、
そう思ってはいましたが、
意外と簡単に組み立てられました。
1人で組み立てても、2時間も掛からなかったです
私は高さ900mm,横幅900mm,奥行き450mm,3段付き(¥11,230)を選択しました。
実際に置いてみたらこんな感じでした。
高さもちょうどよく申し分ないです。
キャスターの滑りもよく、
難なく移動させる事が出来ます。
それではスペースも出来たので、
小型焙煎機のDISCOVERYの組み立て編へと参りたいと思います。

FUJI ROYALの小型焙煎機COFFEE DISCOVERYを組み立て!

丈夫なラックも手に入れ、
スペースを確保することもできたので、
いよいよDISCOVERYを組み立てていきます。

このような真四角の段ボールに焙煎機の部品が全て入っています。

ローステイングコンパスも同時購入している場合は、
もう一つA4サイズの封筒が送られてきます。

※ロースティングコンパス専用のUSBケーブルは
焙煎機に既に接続されてます。

取扱説明書と組立手順書が付属されてます。

組立手順書を参考にしながらDISCOVERYを組み立てていきます。

組み立てには六角レンチとスパナが必要です。

六角レンチは付属されていますので、
スパナがあれば組み立ては可能です。

FUJIROYAL 焙煎機本体部分

組み立ては大きく分けると、
排気ユニットの組み立てと、
冷却ユニットの組み立てに分けられます。

排気ユニット組み立て

前ダクト
サイクロン
前ダクトを六角レンチで取り付けた後、
支柱の高さを調整したサイクロンを取り付けます。
前ダクトは1人で取り付けるのは少し難しいです。
1人で取り付ける際は気をつけてください。
冷却ユニット組み立て
冷却箱

 

冷却ダクトと冷却ファン

冷却ユニットの方が、
比較的取り付けしやすいです。

排気ユニットを組み立てる際もそうですが、
電気配線の流れは確認しながら組み立てるようにしましょう。

組立手順書をよく確認しながら、
組み立てれば、苦手な方でも組み立てることができます。

FUJIROYAL DISCOVERY

組み立て初めて1時間半ほどで

組み立てることができました!

最後に閉め忘れがないかよく確認するようにしましょう!

ガス栓について

本体部分 ガス栓

DISCOVERYのガス栓は、
ホースエンド型(ガスホースをそのまま繋ぐ)になっています。

一般的なガス機器(ファンヒーターなど)は
コンセント型(カチッとはめこむタイプ)のものが多いです。

ガスホースを用意する際は接続部をよく確認しましょう。

DISCOVERYを購入、実際に使ってみた感想。

 

 

現在で購入してから約1年経ちました。

徐々に焙煎技術も上達し、
目標にしていたオンラインショップもオープン!

喫茶 孝二郎のオンラインショップはこちら

家に焙煎機があるのはとても楽で、
休日は朝起きてすぐ余熱を入れ、
出かける前に焙煎、なんて生活もできます。

当初はFUJI ROYAL主催の、
「焙煎機開放デイ」等
オープンスペースで焙煎していたので、
自分の家で落ち着いて焙煎できるのも魅力の一つ。

時間に囚われることもないので、
微調整して、味を探求することが可能です。

My焙煎機を買ったからには、
自分の理想とする味を再現できるように頑張りたいと思います。

焙煎時のガス圧と温度の関係は、個体差が出やすいようです。

実際FUJI ROYALで焙煎時と同じガス圧で焙煎すると、
かなり温度差が出ました。

数回焙煎をこなせば、徐々に再現できるようになってきます。

これからもメンテナンスをこまめにして、
DISCOVERYを愛でていきたいと思います!

最後に、

もし焙煎機を買うかどうか迷っている方が、
この記事を見てくれているとしたら、

すぐに買うことをお勧めします。

スタートは早い方がいいですし、
設置までが大変ですが、設置さえしてしまえば、
隙間時間で焙煎することもできます。

ここだけの話、
DISCOVERYに関しては中古でも、
割といい値段で売れるみたいです。笑

もし使えない状況になったとしても、
100%無駄にはならないでしょう。

焙煎機に関して、
実際の購入者に聞きたいことがあれば
どんなに小さなことでも、

私で良ければお答えします!

MENUのお問い合わせか、
instagram(@kissa_kojiiro) でDMお待ちしてます。

皆さんのコーヒーライフが、
よりいっそう豊かになりますように、

私も精進し続けます!

YouTubeチャンネルを作りました

『喫茶 孝二郎』のYouTubeチャンネルはこちら!

 

焙煎動画はこちら

合わせて読みたい

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回訪れたお店は、 東京・浅草・「かっぱ橋道具街」にある、 喫茶・厨房器具の総合商社『ユニオン』さんです。 浅草・「 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です   ハンドドリップ初心者の方に向けて、 「ハンドドリップを始める最低限の道具」を まとめてみました! 今回 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回は深煎り珈琲店などで、 見かける「ネルドリップ」について、 紹介したいと思います。 ペーパードリップとの味の違い […]

私のブログでは、
喫茶店、グルメの紹介に加えて、
コーヒーの焙煎や抽出に関する知識や、
ためになる書籍などについて発信していきます。

興味のある方は
Instagram、twitter
フォローよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺で、

 

 

 

 

 

喫茶 孝二郎で豆の販売をはじめました

お得な定期購入では
「FUJI ROYAL DISCOVERY」を用いて
お客様好みの焙煎を行っています。

今後も続々と商品を追加予定!
ぜひご覧くださいませ!

詳しくはこちらから