【キャンプ用具・銅製】ファイアーサイドのコッパーシェラカップ !アイスコーヒー作りにも使えます

喫茶 孝二郎
皆さんこんにちは、
喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です
今回紹介する商品は、
ファイアーサイドのコッパーシェラカップです。
ファイアーサイド コッパーシェラカップ

キャンプはもちろん、
お家でのお料理でも使えるシェラカップ 。

コップ、フライパン、鍋、お玉、etc…

使い方次第でどんな道具にもなる、
万能アイテムです。

ほとんどのシェラカップ は、
ステンレスやチタンなどの、
安価で軽く錆びにくい素材で作られています。

比べて銅製品は、
同様に錆びにくいですが重く高価であることが多い。

キッチンなどで銅製の日用品を見る機会もあまり無いと思います。

しかし銅製品には、
ステンレスやチタンには無い独自の魅力があります。

今回はその魅力を存分にお伝えし、
何故コッパーシェラカップが「アイスコーヒー作り」に適しているのかお伝えしたいと思います。

【キャンプ用具・銅製】ファイアーサイドのコッパーシェラカップ !アイスコーヒー作りにも使えます

今回購入した商品はこちらです。

ファイアーサイド コッパーシェラカップ400
¥5,600(税別)

サイズ: W185×D138×H51mm(ハンドル含む)、底径86mm
容量: 400ml
重量 :175g
材質 :本体/銅(内側スズメッキ)
ハンドル/真鍮
使用条件:薪ストーブ、ガス、焚き火で使用可
(IHクッキングヒーターではご使用になれません)

Made in Japan

サイズは300,400,500mlの3パターンあります。

手馴染みのよい重量感。
安定して掴めるハンドル。

使い込むほどに味わいが増す銅ならではの風合いを、
掌(たなごころ)にとってじっくり楽しめます。

ハンドルは強度の高い真鍮でできています。

ひとさし指をかけて持つと手馴染みがよく、
グローブをしていても握りやすい形状です。

越後平野に広がる金属加工の街、
新潟県長岡市・燕市で製造

今や希少な技法となった「へら絞り」により、
一点ずつ手作りされる銅製品。

職人が一枚の銅板を加工することで、
シェラカップが出来上がります。

口当たりを重視し、
口元のカール曲げにもこだわられている。

正直値段は張りますが、
値段相応の価値はあります。

使い込むことによって味の出る銅製品。
日常生活でも大活躍すること間違いなしです。

別売りの蓋(リッド)を使えば、
埃除けにもなりますし、ご飯を炊くことも可能。

「大自然の中シェラカップでご飯を炊く」

想像するだけでワクワクしてきますね。

銅製品の特徴!アイスコーヒーを作るのに最適な理由は?

銅製品

銅製品にはたくさんの特徴があります。

  • 加工しやすい
  • 抗菌作用がある
  • 耐食性が高い
  • 見た目が綺麗に仕上がる。

なかでも注目してほしい特徴が、
熱伝導が高いことです。

熱伝導が高いことで、
フライパンや鉄板などに使用され、

卵やパンケーキが、
「ムラなくふっくら焼き上がる」
注目されることが多いです。

熱を加えることに注目されがちですが、
熱伝導率が高いということはその逆においても同様。

熱しやすく冷めやすいんですね。

もうおわかりでしょうか?

それでは実際に銅製品を使ってアイスコーヒーを作ってみましょう。

コッパーシェラカップを使ってアイスコーヒーを作ってみた。

以前私はこのような記事を投稿しました。

関連記事

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 春を迎え、 少し暖かくなってきましたね。 これからの季節かかせないものといえば、 アイスコー[…]

「薄い」と言われないアイスコーヒーの作り方についてです。

内容はドリップしたアイスコーヒーを、
氷を直接加えずに容器に入れたまま冷やし、
十分に冷えた状態でグラスに注ぐといったものでした。

ガラスは熱伝導率が低く、
サーバー内のコーヒーは、
数分経っても人肌程度にしか冷えませんでした。

コッパーシェラカップを使ったアイスコーヒー作り

『コッパーシェラカップ』を使うと、
トレーの氷はどんどん溶けていき、
カップ内のコーヒーも冷えていきます。

時々かき混ぜながら冷やしていくと、
ものの2.3分でコーヒーは冷たくなりました

両者の間には圧倒的な差が。

今回は400mlのカップに対し、
300ml程度で実験しました。

カップの容量を大きくしたり、
冷やすコーヒーの量を調節すれば、
更なる効果が期待されます

しかもコッパーシェラカップは、
口元のカール曲げにもこだわられているので、
グラスに移すときに液ダレしません

口が広いのでボトボトこぼれそうで心配でしたが、
細かなところで職人の技が光りました。

結果、コッパーシェラカップは最強です。

本来の使い道とは違う紹介でしたが、
コッパーシェラカップの使い道は無限大。

加えて使えば使うほど、
美しい風合いにエイジングされていきます。

それはステンレスやチタンには無い、
最大の特徴の一つです。

私は銅製品が大好きなので、
シェラを全サイズ、
銅のケトルも買いたくなっています。

値段がかわいく無いのがデメリットですが、
一度買えば早々壊れるものでも無いので検討してみてください!

合わせて読みたい

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回はコーヒーの抽出温度による味の変化について、 紹介していきたいと思います。 「コーヒーは温度によって味が変わる。 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 春を迎え、 少し暖かくなってきましたね。 これからの季節かかせないものといえば、 […]

喫茶 孝二郎 皆さんこんにちは、 喫茶 孝二郎(@kissa_kojiiro)です 今回は深煎り珈琲店などで、 見かける「ネルドリップ」について、 紹介したいと思います。 ペーパードリップとの味の違い […]

私のブログでは、
喫茶店、グルメの紹介に加えて、
コーヒーの焙煎や抽出に関する知識や、
ためになる書籍などについて発信していきます。

興味のある方は
Instagram、twitter
フォローよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺で、

喫茶 孝二郎で豆の販売をはじめました

お得な定期購入では
「FUJI ROYAL DISCOVERY」を用いて
お客様好みの焙煎を行っています。

今後も続々と商品を追加予定!
ぜひご覧くださいませ!

詳しくはこちらから